ホームページ制作 single<double Ver.100
single<double Ver.100
俺達が 地上を歩けば 地球が回る

■ Profile
春華

春華

    ミッキーさんに惚れて約3年。
    目下の目標は年パを復活させること。

■ Weather

-天気予報コム- -FC2-

■ Blog List


■ Entries

■ Comments

■ Archives

■ Category

■ Track Backs

■ Friend?

この人とブロともになる


Search

RSS
--_--_--_--_--:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2008_11_02_Sun_16:34
ありがとう、テーブル・イズ・ウェイティング。



アラカルト最終日、テーブル見納めてきました。



31日、モリケットさんはお仕事だったのでラス回までは28日に一緒だったあやちゃんと2人で。
ふたりでも言い合ってしまったほどの、出会って2日目とは思えない打ち解けっぷり(笑)
ディズニーマジック。テーブルマジック。チーズマジック!←言いたいだけ。
あやちゃんのお友達も来ていて、一緒にゲートに並ばせてくれるということで行ってみたら。あら最前。
9時オープンでうちらも行ったのは7時すぎで早い方だと思ってたけど一体何時に来たんだろう。
でもラス日と思えないほど列が全然伸びてなくてびっくりした。
どのゲートにも3組ずつくらいしか並んでなくて、28日の方が断然多かった。なんだこれ。

オープン。
いつものように真っ直ぐドックサイドへ。
みんな朝からラス回に並ぶのかと思いきやそうでもなく、1回目の列も別に普通。
想像より全然人がいなくて、本当に今日ラス日なのかって感じだった。
でも各回に待ち人がいる感じだったから、どの回も列移動の時間がいつもより早かったね。
45分~1時間前くらいには席に着けてました。
席はやっぱりみんな撮影目的だからか中央ブロックがどんどん埋まってたね。
だから列がちょっと後ろでも左右は全然空いてるからうちら的にはかなりありがたく、
いつも連続して中で見ると後ろになっちゃうけど、この日はずっと1~3列目でした。撮影隊ありがたや!笑

そんなこんなで1回目、左ブロック最前。
気持ち的には28日に見納めたけど、やっぱりこの日もいて欲しいと願わずにはいられず。
そしてプルート来た瞬間にあやちゃんと顔を見合わせました。
3 人 と も い る ! 奇跡!ミラクル!
あのパートの人数的に週2であの3人が揃うことってなかなかないと思うのです。
それなのに28日に続いてこの日も。3人で見る日どっちも3人いてくれたのです。本当にミラクル。
実際思い返してみると、チーズのふたりはちょー頑張ってる状態でこの日を迎えてて。
はぁー最高のラス日です。来てよかった。

ラス日ということでみんなめちゃくちゃ気合い入ってました。
1回目、ちっちゃいチーズさんは跳び箱飛ばないでケチャップの上に立って客席を見渡し、
何をするのかと思いきや大きな声で「おっはよーー!」とご挨拶。
お客さんもちゃんとおはよー!って返してて鳥肌たちました。こういうの弱いんだってば!
あたしは不覚にも不意打ちすぎて返せず・・・嵐コンで鍛えられてるはずなのに!(笑)
他にもケチャップの上に立ってカメラ構えるポーズで“ちゃんと撮ってね”っていうジェスチャーをしたあと
ジャンプして大の字になりながらマットにダイブしたり、Y字バランスやってみたり、
いつものようなアクロバットでなくお客さんとのコミュニケーションを楽しんでる感じでした。
もうひとりのチーズさんはアクロバットに磨きがかかってました。
いつもアクロバットはぴかいちでぐるんぐるんしてるのですが、一段とすごかったです。
最初のチーズ役だとバーガー作る過程でいろいろ勝手にしゃべってておもしろいのですが
この日は2枚目だったから28日ほどの見所はなく(笑)
でも2回目のとき、バーガーが完成したあとの一瞬曲が止まるところで
「いただきまーす」って言ってマット(下のパン)をかじってました。かーわいい。
そしてこのチーズふたりで最初にマットを運んでくるのですが、
1回目とラス回ではマットを置いたあとにふたりでがっちりと握手してたのです。
それを見たらものすごく感慨深くなってしまってねー。
お互い違うところから出張して来てて、このショーに出るまで接点なかったであろうふたりだけど、
この1ヶ月半でいい仲間になれたのかなーとか勝手に思ったりしてしまったりしてね。
この人たちには本当に楽しませてもらったからそういう点でもそう思ってしまうのですよ。
あー自分気持ち悪いね。

ちっちゃいチーズさんのことばっかりつらつら書きましたが、
あたしが楽しみにしてた人にもたくさん思い出もらいました。
ちっちゃいふたりとは違ってちょっとカラダが重そうだから
アクロバットとかは無理しなくていいよって言いたくなってしまう感じなのですが(笑)、
でも本当にいてくれてステージの姿を見ていられるだけでしあわせでした。
今までチーズの方がいいと思ってたけど、パイ投げの一連でパテ役のがいいなと思いました(笑)
そのくらいこの日はパイ投げのところで楽しませてもらったかな。
あやちゃんが左側でいいよって言ってくれたことに感謝です。
静止画禁止なくらい表情がすごく豊かで(笑)、見るからにおおらかで優しそうで、
ゲストにパイを投げられるときもそのときの状況に合わせたリアクションがとれる楽しい人。
でも自分から笑いに走るくせに実際はシャイなんじゃないかと思ってみたりして(はい、気持ち悪いー)
ディズニーのダンサーさんとしては異色なタイプっぽい人だけど、本当に楽しませてもらいました。
最初は出てくるだけで爆笑してたモリケットさんも慣れてくれたみたいでよかったです(笑)
4日間行って4日ともいてくれたことも運が良かったなぁと思います。
最初の2回でどっちかでもいかなっからこんなにハマってなかっただろうし。
実は他の出張さんたちと違って、戻り先が分からない人なのでもう見れない可能性が高いのです。
テーブル終わってしまう=見れなくなってしまう、ってことだったので淋しさ2倍なのです。
メジャーなところに出てないだけでどっかでひっそりやってたりするのかなぁ。


そんなわけで迎えたラス回。
仕事終わりで駆けつけたモリケットさんも加わって、3人で左側の柵のところで鑑賞。
昼間は全然ラス日ということを感じさせない集客だったけど、さすがにラス回はものすごい列が伸びてて
15分前でもまだ入れてない人がたくさんいる状態でした。
終わってしまう実感はあんまりなかったけど、やっぱりラス回は特別な雰囲気に包まれてました。
うちらは前半は意外と平気だったのにおみこしのところでついに崩壊。
わっしょいを一緒にやってたら楽しすぎて、終わりたくないー!と思って涙が溢れてきました。
そしてチーズ3人がおみこし担いでこっち側に来るのに3人でだーだー泣いてて(笑)
そのあとちょっと落ち着いて、パイ投げのところも泣かずに見れたけど、
フィナーレで本当にもう耐えられなくなって大泣き。
終演後も1時間くらいその場を離れらなくて放心状態でした。
ちっちゃいチーズさんも朝から涙目で、ラス回でもすごいこらえてて、
出演者の人もそれだけ楽しんでやってくれてたからテーブルはあんなに楽しかったのだと思いました。
やっぱりやってる側のテンションって見る側に伝わるんだよね。
あたしは帰りもずっと立ち直れなくてふたりに迷惑かけたけど、
本当にテーブルとチーズさんたちに出会えてよかったと思います。
こんなにハマらなかったらこんなに淋しい思いもしなかったかもしれないけど、
それ以上に楽しい思い出とかしあわせをたくさんもらえたから。
こんなに素晴らしくて強い思い入れの持てるショーはもうないんじゃないかっていうくらい。
しばらく他のショーは見れないなぁ・・・。

短い間だったけど本当に本当に楽しい時間でした。
ありがとう、テーブル・イズ・ウェイティング。
ありがとう、チーズさんとパテさん。





 Comments on this preview 








ブログ管理人にのみ表示を許可する


Trackback
trackback_url
http://p05hrk.blog5.fc2.com/tb.php/512-f325baca

[TOP]
copyright (C) 2006 single<double Ver.100 all rights reserved. [ template by *03 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。